こんなとき、どうするの?

整骨院・接骨院(柔道整復師)にかかるときは?

整骨院・接骨院にかかる場合は、健康保険が使える場合と使えない場合があります。思い違いがないように、事前にご確認ください。

 

整骨院・接骨院で保険が使える場合

急性の骨折、不全骨折、脱臼、打撲、捻挫のとき、健康保険でかかれます。この場合、本来なら窓口で代金を全額支払い、あとで払い戻しを受けることになっています。ただし、地方社会保険事務局長との間で協定(受領委任の協定)ができているところでは、保険医療機関で治療を受けるときと同じように保険証を持参してかかれます。

<健康保険が使える場合>

  • 骨折・不全骨折(ひび)・脱臼(応急手当以外では医師の同意が必要)
  • 打撲・ねんざ・挫傷(出血を伴う外傷を除く)
  • 病院(医療機関)と重複受診している場合は、原則として健康保険は使えません。
  • 骨折や脱臼については、医師の同意が必要です。応急処置など止むを得ない場合には、医師の同意がなくても施術が受けられますが、応急手当後の施術には、医師の同意が必要です。

ページトップへ戻る

整骨院・接骨院で保険が使えない場合

医師と資格が異なるため、整骨院や接骨院では健康保険の使用できる範囲が異なります。外傷性でなく負傷日時がはっきりしない痛みの施術は、健康保険の対象外となり全額自己負担になります。 ご確認のうえ、適切な施術を受けましょう。

<健康保険が使えない場合>

  • 日常生活からくる疲労や肩こり・腰痛・筋肉痛など
  • スポーツによる、肉体疲労・筋肉痛
  • 病気(神経痛・リウマチ・関節炎・ヘルニア等)からくる痛みや凝り
  • 加齢による腰痛や五十肩の痛み
  • 脳疾患後遺症など慢性病
  • 症状の改善が見られない長期の施術
  • 同一部位の治療を保険医療機関で受けながらの施術
  • 医師の同意がない骨折・脱臼
  • 労働災害の場合
  • 負傷の原因は正確に伝えましょう。業務災害、通勤災害での受傷など、負傷の原因によっては健康保険の適用外となる場合があります。
  • 施術後、療養費支給申請書の負傷原因・負傷名・日数・金額は必ず確認し、ご自身で署名・捺印をしましょう。
  • 同じ負傷で、同時期に整形外科と柔道整復師の施術を受けた場合、原則施術料は全額自己負担になります。

はり・きゅう・マッサージ(鍼灸院)にかかる場合

はり・きゅう・マッサージを健康保険で受ける場合は、窓口で全額を立て替えて支払い、あとで健康保険組合から標準費の払い戻しを受けます。

<はり・きゅうを受けた場合>

給付の対象となるのは、医師の同意を得て(医師の同意書が必要)行った鍼灸師の施術のうち、厚生労働省の通知による神経痛、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頚椎捻挫後遺症の6疾患です。その他の場合は、健保組合へお問い合わせください。

<マッサージを受けた場合>

あんま・マッサージ・指圧師の施術のうち、関節拘縮や筋麻痺など医療上必要があって(医師の同意書が必要)行われたと認められるマッサージは、健康保険の対象となります。

  • 施術を受けた場合は、窓口で代金を立て替えて支払い、のちほど健康保険組合に申請して払い戻しを受けます。

詳細はこちらでご確認ください

申請用紙はこちらから

ページトップへ戻る

 

キャラクター ご紹介