けんぽニュース&お知らせ

2020年10月13日

 

「withコロナ時代」の新しい生活を始めましょう。

欧州で、再び感染者数が増加している新型コロナウイルス感染症。日本でも今後、インフルエンザとの同時流行が懸念されています。
感染症の流行が長引くにつれ、これからは感染拡大を予防しながら、経済活動と両立していくことが求められています。
そのためにはどんなときに、どんなことに注意すればいいのか、政府や関係機関からさまざまな指針が発表されています。
日々の暮らしに取り入れながら、「withコロナ時代」に取り組んできましょう。

「withコロナ時代」の消費行動について

新しい日常においては、私たち消費者と事業を行う人たちが協力して、「新しい生活様式」を踏まえた行動をすることが大切です。日常生活のいろいろな場面で、「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けることを基本として、以下の事項などに注意しましょう。

発熱またはカゼの症状がある場合などは、小売店・飲食店などへ行かない・利用しない

人との間隔をできるだけ2m(最低1m)空ける

マスクを着用する

特に大声での会話を控える

まめに手洗い・手指消毒をする

トイレ利用時に配慮する(蓋をして流すなど)

滞在時間をできるだけ短くする

— 厚生労働省が提言している注意したいポイント —

日常生活での取り組みは?

ふだんの生活で、気をつけたいポイントをまとめました。

毎日の食材のお買い物で

※消費者庁ホームページより

拡大

外食にお出かけしたときに

※消費者庁ホームページより

拡大

ごみの捨て方について

鼻水などが付着したマスクやティッシュなどのごみを捨てる際は、以下の3点に注意しましょう。

  1. ごみに直接触れない
  2. ごみ袋はしっかりしばって封をする
  3. ごみを捨てた後は手を洗う

新しい旅のエチケットとは

7月から「GO TOトラベル」がスタートし、10月からは東京発着の旅行も対象となっています。
しっかり感染予防策を行い、楽しいひと時を過ごしてください。

新しい旅のエチケット

※Go Toトラベル事務局ホームページより

拡大

新しい旅のエチケット(動画)

動画提供:Go To トラベル事務局

ページトップへ戻る

 

キャラクター ご紹介