けんぽニュース&お知らせ

2021年11月26日

 

追加情報掲載!
オンライン資格確認が始まりました。

2021年10月20日より、医療機関や調剤薬局でオンライン資格確認が本格稼働しています。
これは患者の方が受診時に、どこの健康保険の加入者かを医療機関などがオンラインシステムで調べることができる仕組みです。
システムを導入した医療機関や調剤薬局では、利用手続きを行ったマイナンバーカードを保険証として利用できます。これまで通り保険証も使えます。

10月20日からの資格確認

保険証の場合

従来どおり、受付窓口で保険証を提示します。

マイナンバーカードを利用される場合

事前に利用申し込みが必要です。詳細は厚労省HPをご確認ください。
システム導入した医療機関や調剤薬局のみで使用可能です。

【マイナンバーカードの保険証利用について(被保険者証利用について)】

お問い合わせ先:マイナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178

オンライン資格確認とは

受診の際、医療機関や薬局などがオンラインシステム(※1)により、患者がどこの健康保険の加入者か調べられる仕組みです。確認には、事業主経由で健保組合にご提出いただいたマイナンバーに、紐づいた登録情報が使用されます。

※1:オンラインシステムを導入した医療機関、薬局などから順次行われます。導入した医療機関などは、「マイナ受付」のポスターやステッカーを掲示しています。厚労省HPでも名称が公開されます。
【参加医療療機関・薬局( 厚生労働省)】

オンライン資格確認等システムによる特定健康診査情報の提供について

アルプス電気健康保険組合は、オンライン資格確認等システムを導入しています。
このシステムの機能の1つとして、当組合に加入する前に加入していた保険者(旧保険者)において実施された特定健康診査の情報を、当組合に提供することが可能となっています。
この提供にあたっては、オンライン資格確認等システムを用いて、当組合が特定健診情報の提供を受ける場合に限り、加入者の同意を得ることは不要とされておりますが、旧保険者で実施された特定健康診査の情報提供を希望しない場合は、「不同意申請書」に必要事項を記入のうえ、当組合まで提出をお願いします。

【不同意申請書】

【マイナポータル上で、特定健診の結果が閲覧できるようになりました】

医療機関・薬局を受診したら

受診時には、保険証もしくは事前に利用申し込みを行ったマイナンバーカード(※2)を使って、受付を行います。
どちらの場合も、オンライン資格確認が行われます。システム導入された医療機関では、限度額認定証(※3)がなくても同様の窓口精算が受けられます。

※2:マイナンバーカードの発行、および保険証利用の手続きは厚労省HPをご参照ください。
【マイナンバーカードの保険証利用について(被保険者証利用について)】

※3:医療費が高額になった場合の窓口支払が、自己負担限度額までになります。

注意いただきたい点

利用申し込みを行ったマイナンバーカードで受診できるかは、医療機関・薬局の対応によって異なります。ご利用にあたっては、受診される医療機関などに必ず事前にご確認ください。ご自身の資格情報の紐づけについては、「マイナポータル」(※4)をご確認ください。
マイナンバーカードが利用できるか確実でない場合は、保険証も持参してください。

※4:【マイナポータル(マイナンバーカード用のWebサイト)】

ページトップへ戻る

 

キャラクター ご紹介