こんなとき、どうするの?

子供が生まれたら?

女性社員が出産した場合は、保険給付として「出産育児一時金」が支給されます。また、出産のために仕事を休んだときは「出産手当金」が支給されます。被扶養者である家族が出産したときは、「家族出産育児一時金」が支給されます。

 

「出産育児一時金」の支給方法について(本人・家族共通)

妊娠4カ月以上(85日)経過した出産について、1児につき「出産育児一時金」が支給されます。早産、死産、母体保護のための人工妊娠中絶のいずれについても支給の対象となります。異常出産で入院して出産したときも、同様に支給されます。
一時金などの支給方法は、「直接支払制度」「受取代理制度」の制度を利用する場合、制度を利用しない場合で手続きが異なります。出産入院時までに、いずれかを選んでください。支給方法によって手続きや必要書類が異なりますので、ご確認ください。

<支給方法>

直接支払制度を利用する場合

出産育児一時金の請求と受け取りを、被保険者に代わって医療機関などが行う制度です。出産育児一時金が医療機関へ直接支給されるため、退院時に窓口で出産費用を全額支払う必要がなくなります。
医療機関によってはこの制度を利用できないこともあります。事前に医療機関などへご確認ください。
直接支払制度を利用する場合、健保組合への申請は不要です。2~3カ月後に自動給付いたします。

受取代理制度を利用する場合

小規模な医療機関などでは、受取代理制度を行っている場合があります。事前に健保組合に申請を行うことで、医療機関などが本人に代わって出産育児一時金などを申請して受け取る制度です。
なお、この受取代理制度についても、医療機関などによっては利用できない場合もありますので、事前に医療機関などへご確認ください。

制度を利用しない

出産・退院時に、出産費用をいったんご自身で立て替えて支払います。その後、出産育児一時金などを健保組合に申請し、支給を受けます。

もっと知りたい!

出産育児一時金などの支給方法と手続き

産科医療補償制度とは?

ページトップへ戻る

「出産手当金」の支給方法について(社員のみ)

<出産手当金>

社員が出産のために仕事を休み、給料の支払を受けなかった場合は、「出産手当金」が支給されます。支給されるのは、出産の日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)間、出産日の後56日間のうちで、仕事を休んだ日数分です。

【支給される期間】

「出産手当金」が支給されるのは、出産の日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)間、出産日の後56日間のうちで、仕事を休んだ日数分です。
出産の日が出産予定日より遅れた場合は、その遅れた期間も支給されます。
なお、退職日現在で休んでいれば、資格喪失後も支給対象となります。

書類の提出について

【提出書類】

出産手当金請求書

※出産に関して、所属会社(事業主)および医師・助産師の証明を記入してもらう必要があります。

【提出期間】

すみやかに提出(ただし、受付期限は事由発生日から2年間)

※必要書類の確認・入手・提出については、各事業所社会保険担当者におたずねください。

育児休業、産前・産後休業を取得したら?

社員が育児休業を取得した場合、休業中の期間は健康保険料が免除されます。また、育児休業終了後の保険料についても改定する場合があります。
産前・産後休業を取得した場合も、育児休業取得時と同様に保険料が免除になります。
詳細については各所属会社の社会保険担当者にお問い合わせください。

ページトップへ戻る

 

キャラクター ご紹介