こんなとき、どうするの?

家族と同居・別居したら?

健康保険の被扶養者となっている家族と、別居したり同居したりした場合は健康保険組合まで届出が必要です。
その際には添付する書類もありますので、ご確認ください。

 

被扶養者と同居・別居した場合

単身赴任や進学などで、社員と家族(被扶養者)が別住所に住むことになった場合、また別居していた被扶養者が再び同居することになった場合は、「同居・別居区分変更申請書」を所属事業部の社会保険担当者に届け出てください。

書類の提出について

<家族(被扶養者:保険証に記載されている人)が別居した場合>

【提出書類】

同居・別居区分変更申請書

【添付書類】

学生の場合 ⇒ 住民票または賃貸契約書

それ以外の被扶養者 ⇒ 生計維持関係を証明する下記の2つの書類すべて

  • 送金証明書
  • 送金を証明する書類(振込用紙の控え・現金書留の控えなど)

※単身赴任や里帰り出産は申請書のみ

【提出期間】

そのつど

<別居していた家族(被扶養者)が、再び同居することになった場合>

【提出書類】

同居・別居区分変更申請書

【提出期間】

事由発生後すみやかに

※事例によって、必要な書類が異なる場合があります。

※必要書類の確認・入手・提出については、社員(被保険者)の方は各事業所社会保険担当者におたずねください。任意継続被保険者の方は、健保組合までご連絡ください

 

ページトップへ戻る

 

キャラクター ご紹介