健康保険限度額適用認定

入院や手術など、医療機関窓口での支払金額が高額になりそうなとき、事前に「限度額適用認定証」の交付を受けていれば、自己負担限度額を超える額は支払う必要がなくなります。

健康保険限度額適用認定について

入院や外来受診で自己負担額が高額になる場合は、事前に健康保険組合に「健康保険限度額適用認定証」の交付を申請してください。認定証の交付を受けて支払いの際に提示すれば、病院の窓口での支払いが自己負担限度額までとなります。

申請対象となる方

  • 70歳未満で、負担額が自己負担限度額を超えると予測できる場合
  • 70歳以上の所得区分が現役並みⅠ、現役並みⅡの方で、負担額が自己負担限度額を超えると予測できる場合

「健康保険限度額適用認定」書類提出について

提出書類 健康保険限度額適用認定申請書
添付書類 なし
提出時期

入院する場合
入院前もしくは退院前に申請書を提出
(詳細は該当病院の支払窓口にてご確認願います)

通院する場合
事前に申請書を提出

提出先

社員の方
各事業部の総務・社会保険担当者宛

任意継続被保険者
健保組合宛

70歳以上75歳未満の方の限度額適用認定証について

所得区分が現役並みⅠ、現役並みⅡの方は、「高齢者受給者証」と「限度額適用認定証」を提示することで自己負担限度額までの支払いとなります。